Fandom

Sailor Moon Wiki

うさぎ-SAILOR MOON-

135このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
Luna.jpg

ルナ

朝、新聞を読んでいる母は寝坊しているうさぎを起こした。学校に行く準備をするのにあわてているうさぎの姿を母は見ていた。

急いで学校に走っていくうさぎは気づかずに黒い猫にぶつかってしまった。猫に謝ってから、うさぎは猫の額にあったバンドエイドを取り外してあげた。うさぎはその猫が三日月模様を持っていると気づいたが、授業開始のベルが鳴ったため、必死で学校に走って向かった。

学校から帰ったうさぎは母親にテストの点数を聞かれた。30点だけしか取れなかったうさぎは母を失望させ、外に追い出されてしまった。弟の進悟でさえもうさぎにもっとしっかりした方がいいと忠告した。やっと家に入ることができたうさぎは宿題をやらずに寝てしまった。

熟睡中にうさぎは黒猫の存在に目覚めた。その猫は自分がルナという名前で、うさぎのことをずっと探していたと教えた。人間の言葉を話すことができる黒猫にびっくりしたうさぎは、自分がまた夢の中だと思った。けれど、ルナはうさぎが選ばれた戦士だと強調し、変身装置をプレゼントとして彼女にあげた。興味深いのうさぎは変身装置を利用して、セーラー戦士であるセーラームーンになった。

Usagi1.jpg

セーラームーン

突然の事に驚く時間もなく、ハンナから助けを求める声を聞いたセーラームーンは急いで彼女の居る場所に走った。妖魔はハンナの母親を誘拐して地下室に置いてから、銀水晶を探していた。ハンナに自身の身分がばれた妖魔は彼女を殺すしかなかった。妖怪がハンナを手にかける瞬間、セーラームーンが助けに現れた。

セーラームーンの存在に驚いた妖魔は自分がコントロールした人間達を呼んで、彼女を囲んだ。自分の力をよく知らないセーラームーンは彼女達に追いつこうと走った。焦るセーラームーンは大声で泣いてしまった。するとその鳴き声が超音波となり敵はその超音波に驚かされた。すると、ルナの提示に応じて、彼女は額にかけてる武器を利用して、妖魔を倒した。

後ろから男の声がして、彼はセーラームーンのことを称賛した。かっこいい礼服を着ている若い男の子だ。彼に見惚れてしまったうさぎは赤面でずっと彼を見とれた。

翌日の朝、ハンナはクラスメイトに自分がセーラー戦士に救われたことを話した。隠れて聞いているうさぎは「これはやはり夢ではなかった」と言いながら、自分のこれからの生活を少し心配してた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki