FANDOM


Imgres-2

天王 はるか (てんおう はるか)は、武内直子作の漫画作品『美少女戦士セーラームーン』に登場する架空の人物。

アニメ版での声優緒方恵美。海外名はAmara(アマーラ)

人物 編集

セーラーウラヌスに変身する。アニメでは「男装の麗人」という設定。

登場当初から常に海王みちるとペア行動しており、アニメでははるかと先に戦士として覚醒したみちるとの出会いが描かれている[1]。現代に転生し、戦士として覚醒した冥王せつなを加えた外部太陽系三戦士として行動することもある。無限学園崩壊後、みちるとせつなの三人で転生後の土萠ほたるを養育し、ほたるからは『はるかパパ』と呼ばれていた[2]

明言はされていないが外部太陽系戦士内におけるリーダー格であり、内部戦士たちに偉そうに指示することが多い[3]。またプリンセスを守るため、使命を重視するあまり自らの手を汚すことも厭わない冷酷な面を持ち合わせており、その考え方の違いから内部戦士たちと対立してしまうこともしばしばある。

海王みちるとはセーラー戦士としてもプライベートでもパートナーであるが、アメリカ版アニメではその描写を抑えるためにアマーラ(はるか)とミシェル(みちる)は従姉妹同士という設定になっている。月野うさぎ木野まこと愛野美奈子に一目惚れされたことが何度かある。男らしさ、女らしさに囚われないその生き方から木野まことにとって憧れの女性の一人として数えられている。

海王みちるとは異なったニュアンスで月野うさぎをプリンセスとしても一人の人間としても思慕している描写があり、原作ではウラヌス変身時にセーラームーン(うさぎ)にキスをし、男装時もうさぎにキスようとしたが、未遂に終わる。

スプリンターにしてレーサー。高校一年なのだが、制服姿でスポーツカーを愛車として公道で走らせている[4]。原作の愛車は武内直子の好きなメタリックブルーのFerrari F512M、アニメ版のイエローの愛車はTOYOTA 2000GTオープントップに酷似しているが左ハンドルでリアシートがある。 車にも乗るがバイクを数種類、天王丸というヘリコプターも所有しており、アニメではモトクロスレースで優勝し、原作ではヘリコプターで無限学園に登校していた[5]。また中学生の頃は陸上競技、バスケットボールフェンシングハンググライダーをしており、モノローグによると優勝を総なめにしていたが陸上競技からモーターレースに興味が移っていた模様。原作では男装時に武闘派のまことと空手で対決し勝利している。ピアニストとしても非凡な才能を持ち合わせており、アニメではパーティーで、原作ではファンタスティック国際音楽祭でみちるのヴァイオリンとの二重奏を奏でているが、アニメ版のファンタスティック国際音楽祭に相当するスリーライツ・海王みちるのジョイントコンサートには参加してはいない。

みちると共に無限学園の生徒として通学し、土萠教授などの様子を覗っていた。原作では、無限学園崩壊後、しばらくの間転生したほたるの養育の傍らテストレーサーの仕事に専念していたが、後にうさぎ達と同じ十番高校へ編入した[6]。アニメではほたるを伴ったプルートと再会し、ギャラクシアの陰謀によって急成長を遂げていくほたるをみちる、せつなと共に養育しセーラームーンたちの前に現れる。

アニメでは紫色のスカーフを持っている[7]

海王みちる曰く、モテる男は嫌い、とのこと。アニメではスリーライツ、特にみちるに接触を試みた上にうさぎに片思いしていた星野光(セイヤ コウ)のことを目の敵にしていた。しかしギャラクシア戦では自身を含めた太陽系戦士たちが倒れていく中、ネプチューンと共にスターファイター(星野光)を試し、自分たちのプリンセスを託して倒れる。その後、星野は故郷の星に帰る直前に、はるかが自分にうさぎを託した時のセリフを地場衛に対して言っている。

原作とアニメでの相違 編集

アニメと原作での性格の違いが火野レイ程ではないが顕著である。なお、ミュージカルはアニメの設定をベースとしている。

原作
セーラームーン及び内部戦士たちの前に初めて姿を見せた時、ウラヌスの姿の上にマントとマスクを着用していた。そのため第二のタキシード仮面として読者に大きな印象を与えた。
無限学園に潜入するため変装の一環として『男性の姿』をしていたため一人称は『あたし』と『俺』、喋り方も使い分けていた。
男装時以外は普通の女性の衣装を着用しており、番外編では無限学園のセーラー服姿を見せており、十番高校編入後はセーラー服を着ている。
ウラヌスが男女両方の側面を持つセーラー戦士であるためか、天王はるかは男性の姿と女性の姿をそれぞれ持つ[8]。両方の性を持つためか『女だから男に負けるのは当然』という考え方を嫌ったり、うさぎに性別を問われた際『男か女であることが重要なのか』と返している[9]
アニメ及びミュージカル
セーラームーン及び内部戦士たちの前に初めて姿を見せた時は通常のウラヌスの姿だったが、アニメではネプチューンともにシルエットのみの登場だった。
セーラー戦士として覚醒する以前から男装を好む、『男装の麗人』であり一人称は『僕』。
セーラーウラヌス以外で女性の格好をすることが殆どなく、ミュージカルでは十番高校編入後も学ランを着ている。
シリーズ中一貫して『男役』を演じ続けている。しかしみちるから『女の子』、うさぎから『女の人』、そしてモノローグで自身をクイーンと称していたことから性自認は『女』であることが伺える。

プロフィール 編集

セーラーウラヌス 編集

天王星を守護星に持つ天空と飛翔の戦士。ミュージカルでは戦いの戦士、疾風の戦士とも自称している。

決め台詞は「新たな時代に誘われて、セーラーウラヌス、華麗に活躍」3人集合時には「天空の星、天王星を守護に持つ、飛翔の戦士セーラーウラヌス」。原作第三期の登場台詞は「風の星!天王星を守護にもつ天空の戦士!セーラーウラヌス参上!」。ウラヌスは男であり女でもある、双方の性と双方の強さを持つ戦士だとネプチューンに述べられている。戦闘力は極めて高く、重力を武器に敵と戦い、肉弾戦も得意でミュージカルでは敵勢力にパワーならジュピター、格闘ならウラヌスと分析されている。加えて風のようと形容される俊足を誇っている。その強さゆえ、敵の強さを表現するにあたり「ウラヌスですら適わない=強い敵」と演出されることも多い。またミュージカルでは切り込み隊長のように先制攻撃を仕掛けることが多い。原作漫画版のイメージカラーは青色、アニメ版のイメージカラーはダークブルー。スーパー変身後の手袋が原作とアニメでは長さが違う(原作は短→長、アニメは短いまま)。

原作の第4期では天王星のプリンセスとしてミランダキャッスルという城を持っている。

備考
ローマ神話のウラヌス、ギリシャ神話のウラノスゼウスの祖父、息子クロノスのクーデターで追われた先代の天空神。タリスマンであるスペース・ソードのモデルは三種の神器天叢雲剣(草薙剣)から[10]。現在の英名はかなりあとに他の惑星に倣い「未使用の神話上の大物」の名が付けられたため、天体の外見や運行上の特徴と付けられた神名の関わりは希薄で、中国の五行による名もない。これは海王星、冥王星も同様。そこで外部太陽系戦士の技は「神話から取材した背景イメージ画上でボイジャー2号の惑星探査データに基づくその惑星の姿を模したエネルギー光球をぶつける」という演出で描写されている。

アイテム 編集

  • リップ・ロッド(アニメS - スターズ第1話)
    • ウラヌスへ変身する際に使用する青いスティック形状のアイテム。内部太陽系セーラー戦士の変身アイテムとは形が違う。
  • 腕時計型通信機(アニメS)
    • みちると揃いの通信アイテムで正式名称は不明。紋章である天王星の惑星記号♅があしらわれている。
  • 宇宙の剣(スペース・ソード)
    • 宝剣のタリスマンであるスペース・ソードで風を操り敵を切り裂く。形状は原作版ではナイフ(小太刀、またはシャムシール)型で気を込めて必殺技を放つ際に刀身が伸びる。またタリスマン同士の共鳴でも同様のことが発生する。ただ劇中で伸びた形が殆ど直線状(ロングソード型)で表現されており、おそらくライトセーバービームサーベル等の原理のような刀身と思われる。アニメ版では刀身は濃いピンク色で攻撃の際に発光する。基本的に伸び縮みせずシャムシールの形をしているが(一度SuperSの劇場版で伸びる描写があった)、宝石の付いたつきで、共鳴の際に鞘に収められた状態で共鳴した。
  • ウラヌス・クリスタル(原作第4期)
    • はるかのセーラークリスタル。

変身呪文 編集

  • ウラヌス・プラネットパワー!メイクアップ!
  • ウラヌス・クリスタルパワー!メイクアップ!(原作第4期)

セーラーウラヌスの必殺技 編集

  • 天界震(ワールド・シェイキング)
    • 右拳を上に挙げ、疾風迅雷と大地のエネルギーを集中。エネルギーを光の球体に生成して、地震のごとく地面に這わせながら敵に放つ技。
  • 宇宙剣乱風(スペース・ソード・ブラスター)
    • 魔具(タリスマン)の一つ宇宙の剣(スペース・ソード)での斬撃。アニメでは飛ぶ斬撃で相手を攻撃する。敵の数に合わせて単体型と複数型の衝撃波を飛ばすことが出来る。
  • 宇宙乱気流(スペース・タービュレンス。原作第5期)
    • 気流を起こし、相手を攻撃する。
  • ギャラクティカ宇宙乱気流(原作第5期)
    • 宇宙乱気流のギャラクシアに操られたバージョン。
  • ウラヌス・ワールド・アタック(格闘ゲームのみ)
    • 全身にエネルギーを纏わせてから突進してアッパーを繰り出す。

脚注編集

  1. 106話 運命のきずな!ウラヌスの遠い日
  2. ほたるが自発的に『パパ』と呼んだのか、はるかがほたるに『パパ』と呼ばせていたのかどうかは不明
  3. ミュージカルでは『スペースソードぶんぶん振り回す』『偉そうに命令する』『無駄に格好つける』のがウラヌスだと内部戦士たちにコメントされてしまうほど
  4. 国際運転免許証をもっていると考えれば合法であるが日本国内においては18歳までは公道では運転できない。北米版では留年しているという設定
  5. 原作では十番高校編入後はみちるを後ろに乗せた自転車通学。ミュージカルではヘリ送迎がネタとなっており、はるかはジャガーの自転車での登校に、みちるは徒歩での登校に変更されている
  6. その際にはもはや男装の必要もないためうさぎたちと同じ女子制服、セーラー服を着用している。
  7. 96話 冷酷なウラヌス?まことのピンチ
  8. 骨格が明確に違っており、性可逆と捉えられている
  9. パンセクシャルに近い思想と捉えるファンが多い
  10. 天王星は望遠鏡での天体観測が行われるようになり地動説が確定した後の1781年、イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルによって発見され当初彗星と思われていたが後に自身によって惑星と確定された。そのため、暫くは「ハーシェル」という名前で呼ばれており、紋章(惑星記号)もハーシェルの「H」を他の惑星記号に似せて図案化したもの。

テンプレート:Manga-stubfr:Haruka Tenohit:Haruka Ten'ō ko:텐오 하루카pt:Haruka Tennouth:เทนโอ ฮารุกะ vi:Thủy thủ sao Thiên Vương zh:天王遙

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki