FANDOM


Jupiter2.jpg

木野まこと(きの まこと)は、武内直子作の漫画作品美少女戦士セーラームーン』に登場する人物。 アニメ版で声を演じた声優は篠原恵美で、実写版は安座間美優が演じた。

海外名はLita Kino(リタ・キノ)。

人物 編集

原作では第4話、テレビアニメでは第25話で初登場。セーラージュピターに変身する。

戦士のなかで一番の身長と怪力の持ち主。第147話では自分の身長を気にしていた。普段は男言葉を使うが、一人称は「俺」や「僕」などではなく、「あたし」を使っており、女の子らしい一面を併せ持っている。自分より身長や体重の高い人を持ち上げたり、ドラム缶を親指一本で破壊してしまうほどの力持ちである(ダンベルを持ちながら街を歩くこともある)。皆からは「まこちゃん」と呼ばれているが、これはうさぎが名づけた愛称である。茶色いくせっ毛(天然パーマ)をポニーテールにまとめている。耳にバラのピアスをつけ、変身後もそれは変わらない。冬場は緑の帽子を被ることが多い。

十番中学校に転校して来たが、体が大きくサイズが合わないと言う理由で、転校する前の学校の制服を着ている。なお、そのころは友達がおらず、うさぎや亜美たちが初めての友達である。高校へ進学した際には、うさぎたちと同じ服になった。フィギュアスケートや社交ダンスにも秀でており、特にフィギュアスケートは前世が得意であったことも影響してか、アニメ第39話において自慢の怪力を駆使して軽々とプロ顔負けの技を決めて見せた。セーラー戦士5人の中でパワーに関しては一番の自信を持っており、メンバーの中で唯一敵に肉弾戦を挑むこともある。しかし、アニメ第105話では、過去に敵に力負けしてしまったことを悔やんでか、山籠もりして修行に明け暮れるという負けず嫌いな一面を見せている。そこでダイモーンが現れた際、仲間の力を借りてピンチを脱すると、彼女自身がダイモーンに止めを刺した。アニメ第106話では他のメンバーとともに白樺高校の見学に行った際、そこで会った陸上部の女子生徒・エルザから美奈子ともども、「陸上向き」と評価された。また、第174話では高校の槍投げ部で豪快な槍投げを披露して「あなたがいればインターハイ出場間違いないわ」と部長に言わしめ、強く入部を勧められた。このように彼女の身体能力の高さが強調される描写も目立つ。ちなみに、第179話の大気光との会話で、料理研究会に入部していたことがわかる。

第45話では、DDガールズの触手に絡められたまま、シュープリーム・サンダーを自分まで巻き添えにして死亡したが、のちに銀水晶の力によって蘇った。

幼少期に両親を飛行機事故により亡くしたため、そのトラウマから飛行機(特にエンジンの音)が嫌い。高所恐怖症だという説もある。しかし、アニメでは飛行機を怖がる描写がなく、第188話において、アイドルグループ、スターライツとの夜間飛行ツアーに、うさぎを除くほかの3人と一緒に参加して普通にジェット旅客機に乗っていた。早くから一人暮らしをしており、料理・手芸・園芸などに秀でる。

成績はうさぎをやや上回る程度であまりよくないが、家庭科の成績だけは良い。

昔、失恋した憧れの先輩がいたとされ、原作では「二挺木」という名前である。だが、本人の言動がころころと変わるためにその人物像は特定されず、原作・アニメともに登場することはなかった。アニメ第49話で、辛いことや苦しいことをともに分かち合ってきた幼馴染みの青年・篠崎が登場したが、本人は単なる恋人ではなくそれ以上の関係だと語っている(だが、結局1話のみゲストキャラであり、以降篠崎が再登場する事はなかった)。

極端に惚れっぽい性格の持ち主で、失恋した先輩に部分的に似ているというだけでも周りが見えなくなってしまうほど。ほかのセーラー戦士の良き相談相手として姉御肌を見せることもある。初登場してからは、失恋した先輩に声がそっくりの元基に対して積極的なアプローチをしていたこともあったが、次第にその描写は省略されている。非常に一途でもあり、惚れた人間をすぐに信用してしまうところがある。アニメ第147話で、衛の通う大学の大学祭のダンスパーティでは、紳士に成りすましたタイガーズアイに一緒に踊ってもらったときの夢のような一時が忘れられず、終わった後も彼と踊る約束をしてずっと一晩中待ち続けた。結局、紳士の正体はタイガーズアイだということが判明し、彼女の思いは打ち砕かれる。その後、彼女自身は自分は踊りそのものに憧れていたのだと自己分析して吹っ切れていた。

アニメ第65話や第154話で美奈子と些細なことで対立した。

うさぎのことは実写・原作では「うさぎ」、アニメでは「うさぎちゃん」と呼んでいた。

プロフィール 編集

  • 年齢:14〜16歳
  • 身長:172.5〜175cm
  • 誕生日:12月5日
  • 誕生石:トルコ石
  • 性格:気は優しくて力持ち
  • 星座:射手座
  • 血液型:O型
  • 好きな色:ピンク
  • 好きな食べ物:チェリーパイ、ミートローフ
  • 苦手な食べ物:なし
  • 好きな教科:家庭科
  • 苦手な教科:物理
  • 趣味:バーゲン
  • 特技:家業、料理、怪力、乗り物の運転
  • 嫌いなもの:飛行機(前述の通り、両親を亡くしたトラウマによる)、高所恐怖症
  • 将来の夢:お嫁さん、ケーキ屋さん、花屋さん

セーラージュピター 編集

木星を守護星に持つ雷と勇気の戦士。

特別装備として、ティアラに雷撃制御用と思しきアンテナを内蔵している。 格闘戦においてはパワー系。 「しびれるくらい後悔させるよ!」「木星に代わってヤキ入れてやるよ!」という決め台詞があるにはあるが、殆ど用いられることは無い。原作第三期の登場台詞は「雷の星!木星を守護にもつ保護の戦士!セーラージュピター参上!」。ミュージカルでの登場台詞は「愛と勇気の戦士、セーラージュピター!」。イメージカラーは緑色と薔薇色。

第4部原作では木星のプリンセスの城としてイオキャッスルという城を持っている。

備考
戦闘ではセーラーチームの中心として描かれることも多く、必殺技を用いた戦いのみならず格闘戦もこなすなど「戦士」としての面が強調される部分が多い。破壊力の高い攻撃技は、敵への攻撃よりもアジト侵入時などの破壊において多用されたが、終盤ではそうした描写が省略されるようになった。
ジュピター=ユピテルはローマ神話の主神、ギリシャ神話のゼウスに相当し、雷が彼の武器とされる。また、「先輩にそっくり」でおなじみのホレっぽい性格が愛人の多いゼウスの多情な性格から取られている。木星は太陽系最大の惑星で重力も一番大きく、セーラージュピターが大柄怪力に設定されたのはこのことによる。ピアスなど薔薇のアイテムとイメージカラー、第四期のシンボルアイテムであるジュピターオークやそれを活用した「オーク・エボリューション」が中国名「木星」の五行「木」のイメージよりとられている(雷もまた『木気』である)。「ココナッツ・サイクロン」はそれに加えて、木星の外観上の特徴大赤斑が木星大気圏の「台風」相当の気象現象であることに取材されている。

アイテム 編集

  • 変身ペン
    • 第一期で使用していた変身ペン。色は緑。
  • 避雷針つきティアラ(原作、アニメ)
    • 初期のティアラ。中心近くから避雷針が伸び、空中にある電気をそこに集めて、アニメの「シュープリーム・サンダー」や、新装版原作の「ジュピター・サンダーボルト」などの雷撃を繰り出す。
  • バラのチェーンベルト(実写、新装版原作)
    • セーラージュピターの腰についているチェーンベルト。中央の玉の部分には薔薇のポプリが入っている。このチェーンベルトは新装版の原作でも描かれた。
  • スター・パワー・スティック (原作第2期、アニメR中期~SuperS初期)
    • 第二期から使用する変身ペン。先端には星を模した飾りが付いている。
  • クリスタル・チェンジ・ロッド(アニメSuperS中期以降)
    • 三番目の変身ペン。先端にはジュピターの紋章を刻んだ玉が付いている。このペンを得て以降まことはスーパーセーラージュピターに変身する。
  • ジュピター・クリスタル(原作第4期)
    • まことのセーラークリスタル。
  • ジュピター・オークの葉の冠(原作第四期より)
    • ジュピターの紋章が浮き上がった、オークの葉が連なった冠。
  • 変身携帯テレティアS(実写)
  • 銀のブレスレット(実写)
  • ジュエリー・スター・ブレスレット(実写)
    • 実写版での変身アイテム。中央の宝石の色は緑。
  • セーラー・スター・タンバリン(実写)
    • 先端の宝石は緑。「ジュピター・サンダーボルト」を繰り出す。
  • ジュピター・スピア(実写)
    • セーラー・スター・タンバリンが変化した大きな矛槍。

変身呪文 編集

  • ジュピター・パワー!メイクアップ!
  • ジュピター・スターパワー!メイクアップ!
  • ジュピター・プラネットパワー!メイクアップ!(原作第3期)
  • ジュピター・クリスタルパワー!メイクアップ!

セーラージュピターの必殺技 編集

  • シュープリーム・サンダー(原作漫画、アニメ、実写全てに登場。第一期以降)
    • 雷雲を召喚してティアラの避雷針で受けた落雷のエネルギー電撃を相手に飛ばす、ジュピターを象徴する主力技。その破壊力は群を抜き、DDガールズとの戦闘の際には自らをも巻き込む形で巨大な電球を作り出した。アニメ初登場時、うさぎに「シュークリーム・サンデー?」とボケられた。
    • 技を繰り出す時に唱える言葉は「我が守護木星よ!嵐を起こせ 雲を呼べ 雷を降らせよ!!
  • シュープリーム・サンダー・ドラゴン(アニメ第二期)
    • シュープリーム・サンダーと同様に、ティアラの避雷針で受けた落雷のエネルギー電撃を放ち、それらを収束しドラゴンの姿に変化させて攻撃する。通常のシュープリーム・サンダーよりも相手を長く感電させ、ダメージも高い。
  • スパークリング・ワイド・プレッシャー(第二期より)
    • 薔薇のピアスからティアラの避雷針へ放電し、両手に圧縮して超高電圧球を投げつける技。このほか電撃を地面に走らせるバージョンも存在する。劇場版SuperSでは、野茂英雄の「トルネード投法」を模したバージョンがあった。
  • スーパー・シュープリーム・サンダー(アニメ第四期で一回のみ使用)
    • シュープリーム・サンダーの強化版。電撃は伝播されて拡散攻撃する。
  • ジュピター・オーク・エボリューション(第四期より)
    • ティアラの避雷針によって電気を纏わせたオークの葉を、無数のエネルギー光弾に複数放つ、敵に飛ばして爆発させる技。広範囲を攻撃できる分、分散してしまうからか、これまでの技に対して破壊力や迫力などは明らかに劣る技。原作では雷電の象徴である植物の冠「オークの葉の冠」で強化された雷撃。
  • ジュピター・ココナッツ・サイクロン(原作第三期)
    • プラネット・パワーで強化。両腕を振り上げ、雷電のエネルギー光球を貯めて地面に投げつける。雷撃は向上伝播されて拡散。複数の相手を倒すのに有効。
  • フラワー・ハリケーン(原作第一期、実写)
    • 花びらが舞う突風で敵を撹乱し、怯ませる技。牽制用に使われることが多い。ゲームでは、耳につけているバラのビアスは、すさまじい勢いの旋風をおこす。
  • ジュピター・サンダーボルト(実写)
    • セーラー・スター・タンバリンを使ったセーラージュピターの固有技。タンバリンを叩くと、電撃が敵目がけて放たれる。
  • 自爆(実写のみ。名称不明)
    • 巨大な放電球を作り出す、同じ相手と一緒に爆発・消滅する。
  • ライトニング・ナックル(ゲームのみ)
  • ジュピター・ダブルアクセル(ゲームのみ)

補足 編集

  • アニメでまことを演じた篠原恵美と、美奈子を演じた深見梨加は生年月日が一緒である。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki