FANDOM


MJV-ART.ORG - 2002-1600x1200-bishoujo senshi sailor moon-aino minako-long hair-highres-blue eyes-blonde hair

愛野 美奈子(あいの みなこ)は、武内直子作の漫画作品『美少女戦士セーラームーン』、『コードネームはセーラーV』に登場する人物。

アニメ版で声を演じた声優は深見梨加(代役住友七絵)で、実写版では小松彩夏が演じた。

海外名はMina Aino(ミーナ・アイノ)。

人物 編集

セーラーヴィーナスに変身する、うさぎより明るい金色のロングヘアーに、赤い大きなリボン[1]が特徴の天然少女。セーラーVの正体でもある。美奈子及びセーラーヴィーナスとして登場するのは太陽系内部戦士の中では最後だが、セーラーVとしてはすでに第1話から登場し、活躍の噂が流れていた。すなわち、実質的には最初のセーラー戦士でもある。アニメ版ではイギリス・ロンドンでも活躍していた。『S』以降は夏場はノースリーブに似た白いTシャツの上に青いオーバーオールを着用することが多くなっている。

港区芝公園(麻布十番に近い実在の地名)の近辺に住み、当初は港区立芝公園中学校に通っていた。高校はうさぎたちと同じ十番高校へ進学した。家族構成は両親との3人暮らし。

成績はやはりうさぎ並みに良くないが、運動神経は抜群で体育だけは好成績。バレーボール部に所属していた。アニメ版では英語も得意なようであり、プリンセス修行をすると言い出したうさぎから英語を教えてほしいと頼まれたこともある(これは。セーラーV時代にイギリスに渡英していたためと思われる)。

原作、およびアニメ版ではアイドルを目指す陽気な爆走少女として描かれている。登場初期は戦闘歴の長さからお姉さん的な側面も多く描かれたが、徐々にうさぎ同様の「明るいおバカ」キャラへと戻っていった。ことわざや各言葉を間違えたり[2]、ギャグやダジャレを言うのがお約束である(アニメ第107話で、ギャグのレベルが下がっているとまことから指摘されている)。かつて、お巡りさんにイタズラをしたことで怒られてお巡りさんが苦手になった。第178話では、夜天光と入浴していることを想像して鼻血を出しながら「あたしもネコになりた~い」と発言するなど、エッチなところもある。第184話でも、月野家で星野光のバスタオル一枚の姿を目撃して「ラッキーしちゃったね」と発言していることからも、同様にそれが窺える。幼稚園児や小学生の少年にからかわれたことがあり、それに対して本人も本気で怒っていた(アニメ第52話、第103話、第154話)。しかし、アニメ第42話で、ロンドン滞在時に悲恋を経験したことを語っており、恋人の幸せのためなら自分は身を引くという大人な一面をもっている(それを知ったうさぎは、「自分達よりずっと大人だ」と語っている)。

第45話では、DDガールズにクレッセント・ビームを発射して自分も巻き添えにして死亡したが、のちに銀水晶の力によって蘇った。

うさぎと容姿とキャラが被ったこともあってか、似たものコンビとしての演出例も多い。うさぎに負けず劣らずのドジっ子で、しかもアニメでは家事に至ってはうさぎ以下の壊滅的レベルであるため、お粥に塩を入れすぎたり、それをレイにぶっかけたり、台所を壊滅的に汚したり、オーディオをいじっては爆発させたりしている。レイからは、「これで悪気があったらエスメロードより極悪人」と評された。うさぎとの顕著な差異は、「異様に前向きな姿勢」と「変身前から常人離れした身体能力」である。

うさぎと若干キャラが被っているのは、もともと『セーラームーン』の原案となった『コードネームはセーラーV』の主人公キャラだからである。作品世界統合により、単独で行動していた経歴が第1話から伏線として張られている。また、類似を逆手に取って原作と実写版ではプリンセスの「影武者」設定があった。アニメ版においても、キャラクターデザイナーは「どちらが月のプリンセスなのか」と気を持たせる演出に備え、美奈子の瞳をうさぎと同じ指定にしたが、アニメ版ではヴィーナス=美奈子が初登場した次の回で本物のプリンセスが登場したため、この工夫は生かされなかった。しかし、アニメ第102話では、変身ブローチを奪われて敵に正体を知られそうになったうさぎを助けるため、変身ペンでセーラームーンに変身してうさぎの窮地を救うという活躍が描かれた[3]

原作、アニメ、実写版のいずれでも、太陽系内部戦士のリーダーであると明言されており、他のセーラー戦士によく指示を出している。プリンセスの影武者を務めるだけあって体力もあるのか、アニメ第78話では月野家の玄関先から二階ベランダへジャンプした。アニメ第100話ではバレー部時代の友人・浅井努に恋をしようとするが、彼には既に恋人がいたことを知ってショックを受けるが、彼がダイモーン・ハイキューンにピュアな心の結晶が奪われた際、ハイキューンが投げた心の結晶を得意の回転レシーブで受け止め、正体に気付かれたことがある。アニメ第106話ではほかのメンバーとともに白樺高校の見学に行った際、そこで出会ったエルザ・グレイからまことともども、「二人とも陸上向き」と評された。アニメ第109話ではユージアルに背後から不意討ちという形でピュアな心の結晶を抜き取られた際、気絶せずにそのまま結晶を抱きかかえ、公園からビル内部の駐車場まで全力疾走してみせるという、荒業とも言うべき離れ技を披露した。また、アニメ第141話ではホークスアイとタイガーズアイに二人がかりで施された封印を自力で破って[4]セーラーヴィーナスに変身。アルテミスも絶句するほどの非常識な力をときとして発揮し、やはり戦士としての経験やいざというときのパワーは、他の戦士の追随を許さないほど高いようだ。

実写版では、原作やアニメ版とは違ってスーパーアイドルという設定になっており、病気で余命いくばくもないこともあって、愚直なまでに前世からの使命を果たすことに忠実な少女となっていた。性格も原作やアニメの明るい性格とは異なっており、冷静沈着な性格になっている。

名前を音読みすると「びなす」になり、ビーナス、ヴィーナスに近くなる。

うさぎのことは原作・実写では「うさぎ」、アニメでは「うさぎちゃん」と呼んでいる。

プロフィール 編集

  • 年齢:14〜16歳
  • 身長:161.5〜165.5cm
  • 誕生日:10月22日
  • 誕生石:オパール
  • 星座:天秤座
  • 血液型:B型
  • 好きな色:赤、黄色
  • 好きな食べ物:カレー、ラーメン、ギョーザ
  • 苦手な食べ物:しいたけ
  • 好きな教科:体育
  • 苦手な教科:数学、英語
  • 趣味:アイドルの追っかけ
  • 特技:遊ぶこと
  • 嫌いなもの:ママ、お巡りさん
  • 将来の夢:アイドル

セーラーヴィーナス(セーラーV) 編集

金星を守護星に持ち、かつてはセーラーVとして活躍していた愛と美貌の戦士。

月のプリンセスのガーディアン、内部太陽系セーラー戦士のリーダーにして、プリンセスの影武者(自身イメージは金色の月光。月のプリンセスイメージは銀色の月光)。光の力と愛の力が彼女の武器とされる。決め台詞は「愛の天罰、落とさせて頂きます!」、使われることは少なかったが、ジュピターと比較すればまだ使用されていたほうであった。セーラーVの決め台詞は「コードネームはセーラーV!正義の使者!セーラー服美人戦士!!セーラーヴィーナス参上!!」。原作第三期の登場台詞は「美の星!金星を守護にもつ愛の戦士!セーラーヴィーナス参上!」。イメージカラーは黄色ないし橙色、主に黄金色。

第4部原作ならびに『コードネームはセーラーV』では金星のプリンセスの城としてマゼランキャッスルという城を持っている。

戦闘においては中途半端な設定となっていた。元来の設定は「単独でやっていけるほど」、つまり内部惑星戦士最強のバランスファイターだが、「バランス」の演出は困難で、セーラージュピターやセーラーマーズのように突出した攻撃力を強調する演出がされることも、セーラーマーキュリーのようにブレイン的な存在でもなかったため、戦闘シーンでは埋もれてしまっていた。それでも登場当初はリーダーらしく戦闘においてほかの戦士への指示を行ったりと指揮官としての役目を担っていたが、戦士自身としては牽制役であることが多く、決め手となる存在でなかったことは否めず、先陣を切って戦うもピンチに陥り他戦士に助けられるシーンも多い。必殺技もほかの戦士のように、水・炎・雷といった自然界に存在するものではなく、エネルギー体中心の抽象的なものであったため、イメージ的に攻撃力の強さにはつながることがなく、メインの攻撃武器であるヴィーナス・ラブ・ミー・チェーンで敵の動きを奪うなどするといった描き方が中心だった。

備考
ヴィーナス=ローマ神話のウェヌス、ギリシャ神話のアフロディーテは美と愛欲の女神であり、美奈子の姓が「金野」ではなく「愛野」であること、技「ラブ・ミー・チェーン」「ラブ・アンド・ビューティ・ショック」がまずここから取材されている。「クレッセント」は本来三日月の意であるが、内惑星は満ち欠けするので、金星にも「クレッセント」が存在する。このことを発見したガリレイは、当時の教会の弾圧を警戒し、研究仲間への手紙に「愛の母がダイアナの真似をしている(=金星が月と同様満ち欠けの挙動をするという地動説の新たな証拠を発見した、の意)」と暗号化した追伸として書き送った。技「クレッセントビーム」と「セーラーヴィーナスは月のプリンセスの影武者」との原作の設定はこの天文現象と故事から取られている。紋章(惑星記号)はヴィーナスが持つ手鏡を図案化したもの。なお原作のセーラーVは手鏡(コンパクト)を使ってクレッセントビーム&ブーメランや愛のクレッセント・シャワーを放っていた。

アイテム 編集

  • V用変身ペン(原作第一期、第二期、番外編ちびうさ絵日記、セーラーV)
    • 「コードネームはセーラーV」でアルテミスからもらった変身ペン。真実を記すペンで、時折宿題に利用している。後に「セーラームーン」本編で登場する他のセーラー戦士の変身ペンとは形状が違っている。また、セーラーVゲームと繋がっていて、ゲームのクリアー状況がわかるようになっている。ちびうさ絵日記では描かれてはいないが、セーラーVとして登場しているのでおそらく使用していると思われる。
  • クレッセント・コンパクト(原作第一期、番外編ちびうさ絵日記、番外編受験戦争編、セーラーV)
    • 三日月形のコンパクト。中は両面鏡張りになっていて、この鏡には真実の姿を映す力がある。月光によるエネルギー充電が必要で、エネルギーが切れてしまうと鏡が黒くなって何も写さなくなり、クレッセントビームを撃つ事もできなくなってしまう。投げることによって対象を切り裂いたりダメージを与えることもできる。
  • ヴィーナス・マイク(セーラーV)
    • 新アイテムであるにもかかわらず、一度しか使用されなかった。「ヴィーナス・百億ボルト・ロックンルージュ」を放つためのアイテム。
  • 変身ペン(アニメ)
    • 原作で使用していたものとは違い、他のセーラー戦士の変身ペンと同じ形になっている。色は黄色。
  • ラブのチェーンベルト(原作、アニメ、実写全てに登場。)
    • セーラーヴィーナスの武器であるチェーンベルト。ヴィーナス・ラブ・ミー・チェーンなどの技に使用し、攻撃するだけでなく敵の武器を奪うなど用途は様々。原作(新装版)・実写版での特殊装備にラブ・ミー・チェーンがあり、普段は腰に装備している。
  • 伝説の聖剣(原作第1期、実写ではAct Special以降)
    • 原作にのみ登場した武器。プリンセスを守る聖剣。『幻の銀水晶』から作られた剣で、月のシルバーミレニアムの廃墟に安置されていたが、セーラー戦士達が月へやってきた際に彼女達の手で引き抜かれた。剣の表面は石のような物質で覆われていたが、クイン・ベリルとの戦いの最中にそれが剥がれて真の姿を現し、クイン・メタリアの封印方法を示す。ヴィーナスはこの剣を使って過去、現在ともクイン・ベリルを倒したり、クイン・メタリアに取り込まれたセーラームーンを目覚めさせるきっかけをつくった。また、元に戻らない衛を嘆いてセーラームーンが心中に使ったり、過去においてはプリンセスの自害に使われたりもした。壊れたわけではないが、第二期以降まったく出てこない。
  • スター・パワー・スティック (原作第2期、アニメR中期 - SuperS初期)
    • 第二期から使用する変身ペン。先端に星を模した飾りが付いている。
  • クリスタル・チェンジ・ロッド(アニメSuperS中期以降)
    • 三番目の変身ペン。先端にはヴィーナスの紋章が刻まれた玉が付いている。このペンを得て以降は美奈子はスーパーセーラーヴィーナスに変身する。
  • ヴィーナス・クリスタル(原作)
    • ヴィーナスのセーラークリスタル。
  • 愛のムチ(原作第4期、実写)
    • 原作第四期では、スーパーセーラーヴィーナスの専用武器。バラの花若しくはハート型がモチーフの鎖で、ヴィーナス・ラブ・ミー・チェーン発動の際に使用する。実写版にも登場しており、ムチ型のチェーンベルトが変形したものとなっている。
  • 変身携帯テレティアS(実写)
  • みかづきカッター(実写)
    • 実写版で登場するセーラーVの専用武器。金色の三日月型のブーメラン。「コードネームはセーラーV」で登場したクレッセント・コンパクトと同じデザイン。
  • 銀のブレスレット(実写)
  • ジュエリー・スター・ブレスレット(実写)
    • 実写版での変身アイテム。他のメンバーのブレスレットと比べると少し形が違っている。中央の宝石の色は黄色。
  • セーラー・スター・タンバリン(実写)
  • ヴィーナス・デッガーズ(実写)
    • セーラー・スター・タンバリンが変化した短剣。本編で使用する事はなかった[5]が、Special Actで初めて使用する。戦うことが出来ないレイの力と自分の力をあわせて召喚した。
  • クリスタル・ティアラ(実写)
    • 実写版でヴィーナスが自分が月のプリンセスだと名乗って現れた際に身に着けていたティアラ。幻の銀水晶がはめ込まれているとされていたが実際にははめ込まれていた銀水晶は偽物であり、後にネフライトに奪われた際に爆発・消滅する。

変身呪文 編集

  • 三日月・パワー!トランスフォーム!(セーラーV)
    • セーラーVへの変身呪文。
  • ムーン・パワー!トランスフォーム!(セーラーV)
    • セーラーV時代に使っていたコンパクトで、様々な変装をする呪文。原作第3期でも無限学園の生徒に扮する為、久々に使用。
  • ヴィーナス・パワー!メイクアップ!
  • ヴィーナス・スターパワー!メイクアップ!
  • ヴィーナス・プラネットパワー!メイクアップ!(原作第3期)
  • ヴィーナス・クリスタルパワー!メイクアップ!

セーラーヴィーナスの必殺技 編集

  • クレッセント・ビーム(原作、アニメ、実写全てに登場。実写ではヴィーナス・ビーム。第一期以降。ただし原作では「セーラーV」時代のみ使用)
    • 掲げた人差し指の先に三日月形の光を集めて、指先からビームを発射する。命中率は高いが効かない事が多い。原作ではセーラーV時代のみの必殺技となっており、予め月光を浴びて充電された真実を映し出すコンパクトを相手にかざし、強力なビームを放つ。充電がされていないとコンパクトの鏡面が黒くなり使用することが出来ない。実写では指先が一瞬光った後、人差し指から放たれる光線。敵に浴びせ続ける事ができるが、弾かれることが多い。
  • クレッセント・ビーム・シャワー(第二期)
    • 全身の光のエネルギーを指先に集中させ、上空にビームを発射する。放たれたビームは拡散乱射して広範囲を攻撃する。クレッセント・ビームと違い、相手の動きを封じつつダメージを与える技になっている。
  • クレッセント・ビーム(劇場版R)
    • 限界まで凝縮したエネルギーを指先に集めて、細いが触れた敵が瞬時に消滅するほど強力なビームを発射し続けたまま敵を薙ぎ払う。
  • ヴィーナス・ラブ・ミー・チェーン(原作漫画、アニメ、実写全てに登場。アニメでは第二期以降)
    • クレッセント・ビームのエネルギー波動をハート形のチェーンに変換する。攻撃だけでなく重い物を動かしたり相手を牽制したりもできる。原作では、腰に付けているチェーンにエネルギーを纏わせて攻撃する。登場当初は都合上(=自分が月のプリンセスだと名乗っていたため)「ラブ・ミー・ムーン・チェーン」と言っていた。なおアニメ第三期102話でセーラームーンに変装して現れた際にも「ラブ・ミー・ムーン・チェーン」と言っていた。原作だと攻撃だけでなく、洗脳された人々を元に戻すことも出来る。実写では、腰に付けているチェーンに宝玉形の長いムチに変換する。
  • 怒りのクレッセント・ビーム乱れ撃ち(アニメ第四期141話にのみ登場)
    • 怒ったヴィーナスが凄まじい量の光を指先に集中させ、一瞬で数十発のビームを発射。
  • ヴィーナス・ラブ・アンド・ビューティ・ショック(第四期より)
    • エナジーを口元に集めてウィンクした後、投げキッスのポーズでハート形の光弾を生成し、自身の周りで増幅して発射する。原作では「無敵の金星の女神の愛のムチ!!うけてみよ!!」という詠唱がつき、バラ形のラブ・ミー・チェーンで攻撃する。
  • ローリング・ハート・バイブレーション(原作第一期、実写)
    • 両腕からハート型のエネルギー光弾を発生、渦と震動で回転させ放つ。実写版では第46話に登場。最強妖魔を吹き飛ばし、その勢いでクイン・メタリアを分離させる威力を持っていた。
  • ヴィーナス・ウインク・チェーン・ソード(原作第三期)
    • 光のラブ・ミー・チェーンを剣化させて相手目掛けて投げつける。
  • ヴィーナス・ラブ・アンド・ギャラクティカ・ショック(原作第五期)
    • セーラーギャラクシアに操られていた時の技。ラブ・ミー・チェーンの鎖の形が異なっている。

セーラーVの必殺技 編集

  • クレッセント・ブーメラン(原作セーラーV、実写。実写ではクレッセント・カッター)
    • 幻の戦士セーラーV時代から愛用する真実を映し出すコンパクトをブーメランの様に投げ、相手を切り裂く。原作ではゾイサイトを倒す際に使用。
  • ヴィーナス・パワー!愛のクレッセント・シャワー(原作セーラーV)
    • 複数の人間を浄化するために使用。コンパクトを用い、三日月形の光を無数に降らせる。
  • ヴィーナス・アイアン・マッスル・パンチ(原作セーラーV)
  • ヴィーナス・サルファ・スモーク(原作セーラーV)
    • 強烈な匂いを発する技。V曰く「神聖な金星の大気の匂い」らしいが、実際はどうも彼女の「おなら」らしい。
  • ヴィーナス印蚊取り線香台風(タイフーン。原作セーラーV)
    • どこからともなく蚊取り線香(かゆみに効くジフェンヒドラミン配合)を召喚し、そのにおいをパワーに乗せて放つ。
  • ヴィーナス・百億ボルト・ロックン・ルージュ(原作セーラーV)
    • 新アイテム(この回しか使わなかった)ヴィーナス・マイクを用い、新曲を歌うアイドルのつもりでウェーブを放つ。
  • ローリング・スクリュー・セーラーV・パンチ(原作セーラーV)
  • ヴィーナス・愛のメガトン・シャワー(原作セーラーV)
  • クレッセント・スーパー・ビーム(原作セーラーV)
    • コンパクトを開いての必殺ビーム強力版。スーパーが付くのは憧れの斉藤センパイにキスされて舞い上がり、本人曰く『ターボ全開バリバリ』との事。
  • クレッセント・スレンダー・ビーム(原作セーラーV)
    • コンパクトを開いての必殺ビームのダイエット話版。技名はただのノリである。
  • セーラーV・キック(原作セーラーV)
    • ただのキック。話によってはキックキックと連発される。
  • セーラーV・チョップ(原作セーラーV第16話)
  • 「Vちゃん・打ち刀」で切腹の刑(原作セーラーV)
  • Vちゃん式・もみだし・セーラーV・チョップ(原作セーラーV)
    • ダイエット話に登場したチョップ技。

補足 編集

  • こちら亀有公園前派出所』の特殊刑事課に、ヴィーナスのパロディキャラとなる聖羅美茄子(せいら ビーナス)が登場。
  • アニメで美奈子を演じた深見梨加と、木野まことを演じた篠原恵美は生年月日が同じである。

脚注 編集

  1. リボンで髪型を整えることになったきっかけは、想いを寄せていた先輩から薦められたからである。
  2. 「案ずるより産むが易し」を「杏より梅が安い」、「春眠暁を覚えず」を「春眠赤土を耕す」、「待てば海路の日和あり」を「待てばカイロもあったまる」、「明日は明日の風が吹く」を「明日は明日の風邪を引く」、「犬も歩けば棒に当たる」を「猫も歩けば悪党に当たる」など。
  3. 仲間のフォローによって何とかごまかし通せたものの、視聴者には明らかにニセモノとわかる外見であり、カオリナイトは訝しがり、うさぎ本人も絶句していた。
  4. この封印は普通は自力で破るのは無理らしい。
  5. 本編では美奈子が急死したため、最終決戦の際、レイが美奈子の力と合わせて、マーズ・デッガーズとして召喚している。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki